スター選手が活躍するプレミア・セリエAなどの欧州サッカー
それはスクリーンに映しだされる映画の世界のよう。
日本各地のスタジアムで、足を運べば目の前に現れる「現実の世界」。
Jリーグの舞台に長居する。
4月26日(日)13:04  2009 J2リーグ 第10節
カターレ富山   0-0   セレッソ大阪
(富山県総合運動公園陸上競技場  入場者数 2,595人)



前節の札幌戦 で今季初敗戦。
今節はどうしても勝ちが欲しかった。(毎節欲しいけど)
しかしスコアレスドロー。
アウェーで連敗しなかったのが良かったと考えることにする (∩゚д゚)
雨と強風の悪天候。
ボール扱いに苦労しそうなピッチ。
この日は大阪でも冬並みに寒かったから、富山はもっと寒かったでしょうね (;´д`)

次節は横浜FC戦。(4/29水 長居)
カイオが札幌戦で負傷して長期離脱中。
マルチネスがイエローカード累積4枚で出場停止。
勝てないかもという不安は尽きない (´□`;)
しかしながら…
横浜FCといえば三浦カズ選手。
そして試合日はゴールデンウィーク初日。
スタジアム観戦に行く人はかなり多くなりそう ( ̄▽ ̄;)


 
いつも応援ありがとうございます。(⌒▽⌒)
スポンサーサイト



4月19日(日)13:03  2009 J2リーグ 第9節
コンサドーレ札幌   4-1   セレッソ大阪
【札幌】06'岡本賢明 41'キリノ 49'西嶋弘之 73'クライトン
【大阪】19'香川真司
(札幌ドーム  入場者数 11,035人)



9戦目で今季初黒星 ○○○○○△○○●
札幌のチーム状態は良くなさそう と思ってたけど…
まあ長いシーズン、負ける試合もあるのは当然でしょう (´-ω-`)
それにしても4失点での大敗。
失点シーンはミス絡みという印象。
その中でも香川選手の4人抜きゴールは凄かった。
ペナルティエリア内でDF3人を抜き、さらにGKまでかわして、
左足でコロコロとゴールに流し込む。
7節:仙台戦 マルチネスの無回転ミドル弾よりもすごいかも (*´д`) 

次節はJ初参入のカターレ富山戦。(4/26)
とにかく連敗しないことが重要。
格下と見られる相手、アウェーでもきっちりと勝ってほしい m(_ _)m 


 
いつも応援ありがとうございます。(⌒▽⌒)
4月15日(水)19:04  2009 J2リーグ 第8節
セレッソ大阪   4-1   ファジアーノ岡山
【大阪】40'カイオ 44'乾貴士 47'香川真司 70'香川真司
【岡山】75'西野晃平
(大阪長居スタジアム  入場者数 5,194人)



Jリーグ初参入の岡山にきっちり完勝 (∩゚д゚)
カイオ・乾・香川の前線3選手が揃ってゴール。
開幕戦 以来となる2点差以上の勝利♪
8戦負け無しで再び連勝! ○○○○○△○○
この連勝がもっと長く続くと良いですね ( ´∀`)

次節はこのブログで J1昇格候補 2番手と予想していたコンサドーレ札幌と対戦。
しかし、ここまで札幌は勝点8(2勝2分4敗)と低調な成績。
本来の調子が出ていないのか。
それとも今年はチーム力が弱いのか。
シーズン序盤なので今は何とも言えない。
とにかく今のチーム状態は良くなさそうだから、C大阪にとっては有利な状況。
きっちりと勝利して連勝を伸ばしてほしい (*^ω^)


 
いつも応援ありがとうございます。(⌒▽⌒)
4月12日(日)13:04  2009 J2リーグ 第7節
ベガルタ仙台   1-2   セレッソ大阪
【仙台】26'梁勇基
【大阪】44'マルチネス 76'香川真司
(宮城スタジアム  入場者数 12,425人)



見事な逆転勝利♪(_△_*)
開幕5連勝で一度止まったものの、これで7戦負け無し。 ○○○○○△○

ハイライト動画でゴールシーンを確認。
仙台DF4人をドリブルで切り裂いて決めた、香川選手の逆転ゴールはお見事。
それよりも同点に追いついたマルチネスの30メートル級ミドルシュート。
ゴール正面でこぼれ球を拾って、すぐにゴールへ向かって軽くドリブル。
地面を這うような低空飛行の無回転シュートがワンバウンドして右サイドネットに。
Jのレベルを超えていて…もう何も言えねえ (*´д`)ハァハァ

仙台戦といえば、2008年第41節 長居での試合を思い出す。
3-1 → 3-4 の大逆転負け。
そしてJ1昇格が絶望的に。(最終順位  3位:(勝点70)仙台 4位:(同69)C大阪 )
頭に雨漏りの雫ボタボタも忘れられない (つД`)

今年もJ1昇格を争うであろう仙台との直接対決に勝てた事は大きい。
今回の逆転勝利は1つ借りを返せた気持ちになった (∩゚д゚)


 
いつも応援ありがとうございます。(⌒▽⌒)
4月5日(日)16:04  2009 J2リーグ 第6節
セレッソ大阪   0-0   ヴァンフォーレ甲府
(大阪長居スタジアム  入場者数 7,174人)



毎月第一日曜日はe2スカパー無料デーということでテレビ観戦 ( ・∀・)
試合内容は前半序盤を除いて、終始C大阪が一方的に攻め込む展開。
しかし一点も決められずスコアレスドロー (´□`;)
0-0 のスコアなんて久しぶりすぎる。(2008年7月13日 26節:仙台戦 以来) 
開幕からの連勝は  でストップ。 ○○○○○△
公式記録が表す通り↓

  大阪    甲府
( 21 SH 8 )
( 9 CK 4 )
( 19 FK 20 )

甲府を圧倒していたのに…
バー直撃のシュートが2度。
ゴール直前、ライン上でクリアされた場面もあった。
線審に微妙なオフサイド判定が何度かあった。
(そのうち一度は微妙どころではなく、完全なオンサイドだったような…)
主審のファール基準が曖昧な感じもした。
甲府寄りのジャッジも多かった気がする。
前半に明らかにPKに見える場面を取ってくれなかったり…
まあ1点も決まらなかったのは運が無かったと思うしかない。
試合を見終わった後はグッタリと疲れた気持ち (;_ _)

開幕戦の 家本主審 に続いて、審判についての事。
主審は村上伸次さん。
先週のJ1第3節:ガンバ大阪-京都サンガ戦の試合で、
微妙なPK判定があったとG大阪に猛抗議を受け問題視された審判。
その影響もあってPKや反則に対して慎重になってしまっていたのだろうか… 。・゚・(ノД`)・゚・。
前述の通り、明らかな香川選手のPKを取ってくれなかったり、ファール気味なプレーを流される。
DFチアゴが怒ったり、試合中にたびたびC大阪の選手から不満を向けられる。
クルピ監督もイライラしてるように見えた。
主審・線審にスタンドから何度もブーイングが起こる。
試合終了後、退場する審判団に向かってスタンドから大ブーイング。
テレビからでもわかる程の大音量。
去年も同じような事が2度あった。(2008.6.10 第18節:水戸戦  2008.6.18 第20節:甲府戦
次にC大阪の試合で笛を吹く時は、きっちりと一定の基準でジャッジをお願いします (´;ω;`)

次節はアウェーでの仙台戦。
今回は無得点だったけど試合内容はすごく良かった。
同じように出来れば何点でも取れるはず。
審判のジャッジに左右されないような快勝を期待します (*´д`)


 
いつも応援ありがとうございます。(⌒▽⌒)